国分建設で夢のマイホーム~夢創造のサポート部隊~

一軒家

飛騨地方で家を建てる場合

寒冷地域の家の特徴

不動産

岐阜県は、美濃地方、飛騨地方と大きく分けることが出来ます。この二つの地域は、気候に関して全く違う性質をもっています。岐阜県は南北に長いため、南にある温暖な美濃地方に対し、北に位置する飛騨地方は標高が高いため、寒冷地となります。気候が変われば、当然私たちが住む家の構造も変わります。寒い地域では、断熱性が高く、暖かい家を新築する傾向にあります。窓ガラスも当然断熱性能が高い仕様のものが、寒冷地では標準となっています。また冬は家の中と外の温度差が激しいことによる結露が発生しやすくなります。断熱性能が高い窓ガラスを使用するということは、結露の防止にもつながります。このように同じ岐阜県であっても、飛騨地方で新築する場合は、高断熱性など寒さに強い構造の家を建てる特徴があります。

間取りを工夫する

寒さに強い家を新築する場合は、窓ガラスや断熱材などの材料を寒冷地仕様にするだけではありません。新築する家の間取りを工夫することで、寒さに強い家にすることも可能です。中でも重要な点が2つほどあります。まず考えて頂きたいことは、いかに部屋に日光を与えるかです。例えば、家族が集まるリビングは、南向きとすることが好ましいでしょう。南側に隣家が有る場合などは、例えばリビングを吹き抜けとし、窓ガラスを高い位置に持ってくることで、暖かくかつ明るいリビングとすることができ、一石二鳥となります。次に紹介するのが、玄関の位置です。玄関は外気が最も入りやすい場所です。ですから北風が直接あたる北側に配置することはなるべく避けましょう。これから岐阜県の飛騨地方で新築を考えの方は、いかに寒さに強い家とするか十分に考えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 国分建設で夢のマイホーム~夢創造のサポート部隊~ All Rights Reserved.